柳家さん枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

柳家 さん枝(やなぎや さんし)は、落語家名跡。春風亭の亭号を名乗った人物を含めると、過去9人ほどさん枝を名乗った落語家が存在する。

  • 柳家さん枝 - 後の柳家小ゑん(本名:上田(後に市川を経て山本)権次郎)。
  • 柳家さん枝 - 後の4代目春風亭柳枝(「鼠(ねずみ)の殿様」、本名:飯森和平)。二つ目時代に数年間名乗る。
  • 柳家さん枝 - 後の風雷舎金賀(本名:二宮長三郎)。
  • (亭号不明、春風亭か)さん枝 - 後の2代目春風亭年枝(本名:藤原亀吉)。
  • 柳家さん枝 - 後の6代目春風亭柳枝(「ゴミ六の柳枝」、本名:松田幸太郎)。1910年に名乗りこの名で初高座。
  • 柳家さん枝 - (1873年9月 - 没年月日不明)1915年の柳連の名簿、同年『芸人名簿』に名前が見えるが詳細は不明。
  • 春風亭さん枝 - 後の春風亭柳語楼(本名:中村菊次郎)。1917年頃改名。
  • 春風亭さん枝 - 後の8代目三笑亭可楽(本名:麹地元吉)。
  • 柳家さん枝 - 本名、長友敏明。本項にて詳述。

柳家 さん枝やなぎや さんし
本名 長友 敏明
生年月日 (1943-04-24) 1943年4月24日(75歳)
出身地 日本の旗 日本宮崎県新富町
師匠 8代目桂文楽
5代目柳家小さん
名跡 1. 桂文吉(1969年 - 1973年)
2. 柳家さん枝(1973年 - )
出囃子 ハイカラ節
活動期間 1969年 -
所属 落語協会

柳家 さん枝(やなぎや さんし、1943年4月24日 - )は、宮崎県新富町出身の落語家落語協会所属。本名は長友 敏明(ながとも としあき)。出囃子は『ハイカラ節』。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]