橋爪勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

橋爪 勇(はしづめ いさむ、1880年明治13年)2月21日[1] - 没年不詳)は、佐賀市長弁護士

経歴[編集]

佐賀県佐賀市出身[1]1908年(明治41年)、東京帝国大学法科大学英法科を卒業した[1]。同年、司法官試補となる[1]1911年(明治44年)に長野地方裁判所判事、米子区裁判所判事となったが、翌年に退官した[1]。退官後は佐賀市で弁護士事務所を開業し[1]、また高取鉱業株式会社監査役・肥前電気株式会社取締役も務めた[2]1916年大正5年)、佐賀市会議員に当選し、副議長、議長を歴任した[1]

1936年(昭和11年)、佐賀市長に選出され、1946年(昭和21年)まで務めた。その後、公職追放となった[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『全国市長銘鑑』p.109
  2. ^ 『佐賀県大観』
  3. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛佐賀市」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年98頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 『御大典記念 佐賀県大観』 佐賀毎日新聞社、1929年
  • 『自治制実施五十周年記念 全国市長銘鑑』 帝国自治協会、1938年