秀島敏行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
秀島 敏行
ひでしま としゆき
生年月日 (1942-07-04) 1942年7月4日(75歳)
出生地 日本の旗 佐賀県佐賀市本庄町
出身校 熊本大学法文学部法学科
前職 地方公務員佐賀市
所属政党 無所属
公式サイト ひでしま敏行オフィシャルサイト

Flag of Saga, Saga.svg 第1・2・3代 佐賀県佐賀市長
当選回数 3回
在任期間 2005年10月24日[1] - 現職
テンプレートを表示

秀島 敏行(ひでしま としゆき、1942年7月4日 - )は、日本政治家佐賀県佐賀市長(第1・2・3代)。

概要[編集]

佐賀県佐賀市本庄町生まれ。佐賀県立佐賀高等学校熊本大学法文学部(現法学部)法学科卒業。1966年佐賀市役所に就職[2]。佐賀市民生部保険年金課長や環境課長、民生部次長、消防長、水道局長を経て、2003年より佐賀広域シルバー人材センター事務局長。翌2004年より、常務理事を兼任。

2005年、佐賀市・富士町大和町諸富町三瀬村の合併に伴う新・佐賀市の発足に伴う佐賀市長選挙に無所属で出馬。合併前の旧・佐賀市長であった木下敏之を破り、初当選した[1]2009年、佐賀市長再選[3]

2013年6月7日、佐賀市議会本会議において、10月の佐賀市長選挙に3選を目指して立候補する意向を表明[4]10月20日投開票の佐賀市長選挙では、元参議院議員川崎稔ら3人の対立候補を破り、3選[5]2015年佐賀県知事選挙では、自由民主党本部や首相官邸の主導による元武雄市長の樋渡啓祐の擁立に反発し、元総務官僚山口祥義を擁立[6]。山口は樋渡を破り、初当選した[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
木下敏之
Flag of Saga, Saga.svg 佐賀県佐賀市長
第1・2・3代:2005年 -
次代:
(現職)