木下敏之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
木下敏之
きのした としゆき
生年月日 1960年2月12日
出生地 日本の旗 佐賀県佐賀市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員農林水産省
所属政党 無所属
公式サイト 木下としゆき行政経営研究所

当選回数 2回
在任期間 1999年 - 2005年
テンプレートを表示

木下 敏之(きのした としゆき、1960年2月12日 - )は、日本政治家農林水産官僚福岡大学経済学部産業経済学科教授。元佐賀県佐賀市長(2期)。

概要[編集]

佐賀県佐賀市生まれ。佐賀大学教育学部附属小学校ラ・サール中学校・高等学校東京大学法学部卒業。1984年農林水産省に入省した。島根県三隅町水産庁漁場保全課・漁政課への出向を経て、1991年より農林水産省官房総務課環境対策室課長補佐。1993年より環境庁水質保全局水質管理課、1994年より栃木県農務部農業経済課長へそれぞれ出向。1997年から農林水産省農林水産技術会議総務課総括課長補佐を務め、同職を最後に退官。

1999年佐賀市長選挙に無所属で出馬し、全国の県庁所在地の市長の中では最年少の39歳で初当選を果たした。2003年、佐賀市長再選。2005年、佐賀市・富士町大和町諸富町三瀬村の合併に伴う新・佐賀市の市長選に出馬したが、元佐賀市職員の秀島敏行に約4,000票差で敗れ、落選した。

2008年6月、官僚国家日本を変える元官僚の会の立ち上げに参加し、同会幹事に就任。2009年事業仕分け第1弾第2ワーキンググループに民間有識者の立場で参加し、翌2010年の事業仕分け第2弾ワーキンググループBにも引き続き参加した。

同年、福岡市長選挙無所属で出馬したが、元アナウンサー高島宗一郎(当選)、現職の吉田宏福岡市長の後塵を拝し、得票数3位で落選した。

2012年4月、福岡大学経済学部産業経済学科教授に着任。

外部リンク[編集]


先代:
西村正俊
Flag of Saga, Saga.svg 佐賀県佐賀市長
1999 - 2005
次代:
秀島敏行