橋本実麗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
橋本実麗
Hashimoto Saneakira.jpg
橋本実麗
時代 江戸時代明治時代
生誕 文化6年10月26日1809年12月3日
死没 明治15年(1882年10月8日
墓所 青山霊園
官位 正二位大納言、任参議
主君 孝明天皇明治天皇
氏族 橋本家
父母 橋本実久、家女房
兄弟 橋本実麗橋本経子観朗尼橋本婉子橋本久子裏辻公篤小倉長季
萩原静子
橋本麗子橋本実梁橋本松子橋本夏子
テンプレートを表示

橋本 実麗(はしもと さねあきら)は、江戸時代後期から幕末公家公卿羽林家橋本家当主。

橋本実麗は、公武合体政策の一環として、姪の和宮と14代将軍・徳川家茂との婚姻対策が持ち上がった時には、妹で和宮の生母・観行院(橋本経子)とともに反対したが、たび重なる幕府の要求に和宮が折れ、和宮と家茂との婚姻が成立した。その条件として、和宮が江戸での生活に不測の事態が起きた場合には、京都より実麗を江戸に呼び寄せることを条件とした五箇条を幕府に認めさせた。

子女[編集]

妻は、萩原員維の娘・萩原静子

  • 長女:橋本麗子東坊城夏長室、のち離縁)
    • 孫娘:橋本夏子明治天皇典侍)- 離縁に際して、麗子とともに橋本家へ入る。明治天皇の元に出仕する際には、実麗の娘と届け出されているため、末娘とされている場合もある。
  • 次女:橋本松子池尻胤房室)- 子に池尻知房・池尻和子らがいる。
  • 養子:橋本実梁小倉輔季の子)- 谷衛昉の四女定子と結婚。息子・実頴が19代目当主となる。