樹木医

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

樹木医(じゅもくい、tree doctors)は、日本資格の1つで、街路樹や天然記念物等文化財樹木等の保全・診断・治療を行うの資格である。

概要[編集]

樹木医認定制度は1991年(平成3年)に林野庁の国庫補助事業として始まった。現在の事業主体は一般財団法人日本緑化センターである。『樹木医』はかつては農林水産大臣認定の資格であったが、平成8年に閣議決定された政府の公的規制緩和の方針により、公益法人が行う資格審査認定等の事業で法令に基づかないものは、平成13年度以降は国が推薦・認定等の関与をしないこととされたため、その事業を一般財団法人日本緑化センターが引き継ぎいでる。現在では、『樹木医』の名称は日本緑化センターにより商標登録されており、樹木医審査委員会による資格審査合格者のみが使用でき、事実上の名称独占資格となっている。合格者のほぼ全員が日本樹木医会(Japan tree doctors association)に入会しており、また関連の学会として樹木医学会がある。

造園関係の職種、研究職、コンサルタントなどの職種に就いている人や、そのOBが多く、個人の専門性は多岐に渡る。

技術的な研修や情報交換が、樹木医会の各都道府県支部ごとに活発に行われ、他の樹木治療に関する資格とは異なり樹木医は豊富な知識や経験を持つ。

国や県の天然記念物に指定されている樹木や保存樹などの診断・治療を行うことや街路樹における倒木事故の危険性を評価する仕事等樹木に関する仕事は、多岐にわたる。国や官公庁、市区町村、地方公共団体が発注する文化財樹木や天然記念物の再生に関する事業の多くは、樹木医に委託されることが多く入札の際の条件として記載されることが多い。

認定要件[編集]

樹木医になるには、樹木の診断治療等に関する業務経験が7年以上、もしくは、樹木医補[1]の資格を有している場合は認定後の業務経歴が1年以上の者が受験できる第1次審査(筆記試験および業績審査)に合格した後、第2次審査として2週間程度の研修(講義および実習)が行われる。第2次審査では、ほぼ毎日に行われる筆記試験と、最終面接試験に合格する必要がある。研修の講師は、独立行政法人森林総合研究所や林業試験場、林学系の大学関係者職員やそのOB、また樹木医などが、専門分野ごとに徹底した教育を行う。

一次試験の競争率は1999年の時点で8倍だという[2]

樹木医認定者は樹木医登録者名簿に掲載され、同名簿は日本緑化センターから林野庁、都道府県緑化担当部局、都道府県緑化センター等に提出されており、閲覧することができる。 日本樹木保護協会が認定する樹木治療者「樹医」や樹木治療者「樹木内科・外科医」とは全く無関係である。

脚注[編集]

  1. ^ 樹木医補資格認定制度
  2. ^ 木救う人生これからも 宮城県職員定年の樹木医沼倉さん

関連項目[編集]

著名な人物[編集]

  • 塚本こなみ 女性初の樹木医。はままつフラワーパーク理事長。
  • 山野忠彦 - 自称樹医。大阪市公園課の職員となった後、樹木の治療を行う。樹木医ではない。

外部リンク[編集]