樫沢利博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

樫沢 利博(かしざわ としひろ、1948年9月5日 - )は、日本銀行家実業家。元三菱東京UFJ銀行常務取締役兼松会長長崎県出身。

経歴・人物[編集]

1948年長崎県長崎市生まれ[1]長崎市立長崎中学校長崎県立長崎東高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業[1][2]新聞記者志望であったが、1972年東京銀行(現:三菱UFJ銀行)に入行した[1]。入行後、ニューヨークロンドンなど海外で勤務[1]。後に本店勤務となり、1996年三菱銀行との統合時には東京銀行側の事務局長を務めた[1]2001年執行役員2003年常務執行役員を経て、同年常務取締役に就任[1]。常務時代は不良債権処理等に取り組んだ[1]三菱UFJ証券監査役などを経て、2010年兼松専務2011年会長[2]。後に東銀リース監査役、綜通監査役を勤めた[1]

略歴[編集]

役職等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 長崎倶楽部 NO.48”. 長崎県人クラブ(2015年1月29日). 2016年6月22日閲覧。
  2. ^ a b 【ふるさとを語ろう 九州・山口財界人国記】郷里に役立ちたい 思い強まる 兼松・樫沢利博会長”. 産経新聞(2013年2月26日). 2016年6月22日閲覧。
  3. ^ a b c 代表取締役および役員の異動に関するお知らせ”. 兼松(2010年5月7日). 2016年6月22日閲覧。