横尾敬介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

横尾 敬介(よこお けいすけ、1951年(昭和26年)11月26日 - )は、日本の企業経営者。みずほ証券顧問。

人物[編集]

大分県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、興銀入行。同期入行にはKKRジャパン社長等を務める蓑田秀策らがいた。

旧みずほ証券の最後の社長であり、新光証券の吸収合併に伴い発足した現・みずほ証券では初代社長に横滑りした。

2011年(平成23年)6月、みずほコーポレート銀行副頭取からみずほ証券の副社長執行役員に転じた同じく興銀出身である本山博史を後任として社長を退任。その後会長を経て顧問に退いた[1]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 役員異動のお知らせ (PDF) みずほ証券株式会社
  2. ^ みずほ証券有価証券報告書