榎本隆一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

榎本 隆一郎(えのもと りゅういちろう、1894年2月8日 - 1987年2月7日)は、日本の海軍軍人実業家。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

和歌山県出身。農業・榎本熊太郎の長男として生まれる。和歌山中学校を経て、1915年12月、海軍機関学校(24期)を卒業し、翌年12月、海軍機関少尉任官。1920年12月、海軍大学校選科学生となり、翌年9月、九州帝国大学工学部に入学、応用地質学を学び1924年3月に卒業した。

徳山燃料廠製油部員、機関学校教官、欧米出張、海軍省軍需局員、欧米出張、徳山燃料廠付、燃料廠研究部員、北支特務部員(北京)、商工省燃料局人造石油課長、昭南在勤武官などを経て、1942年11月、海軍少将に進級した。

第2燃料廠長、軍需省燃料局石油部長、同燃料局長、軍令部出仕などを歴任し、1945年11月、海軍中将となり予備役に編入された。

その後、日本瓦斯化学工業社長、水交会会長などを勤めた。

著書[編集]

  • 『回想八十年』原書房、1976年。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。