植田康夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うえだ やすお
植田 康夫
生誕 1939年8月26日
日本の旗 日本 広島県呉市
死没 (2018-04-08) 2018年4月8日(78歳没)
出身校 上智大学
職業 日本の編集者、ジャーナリスト

植田 康夫(うえだ やすお、1939年8月26日 -2018年4月8日[1])は、日本編集者ジャーナリスト上智大学名誉教授。

出生地は広島県呉市宮原、出身地は島根県邑智郡邑智町[2]日本出版学会会長[3]日本マスコミ学会理事などを歴任[4]

略歴[編集]

1962年上智大学文学部新聞学科卒業[5]、『週刊読書人』編集部に勤務[5]。1982年「週刊読書人」編集長[6]。1985年、読書人取締役[7]

1989年退社、上智大学文学部新聞学科助教授[5]1992年教授[5]、2008年退任[5]、名誉教授。

2000年日本出版学会会長。2005年7月、読書人取締役『週刊読書人』編集主幹となり[8]、2011年に読書人編集参与、のち代表取締役社長[9]。2016年5月、読書人顧問[10]

1967年、大宅壮一「大宅壮一・東京マスコミ塾」開講一期生[11]として、草柳大蔵らとともにジャーナリズムを学ぶ。のち、大宅壮一文庫副理事長もつとめた[12]

山本夏彦猪瀬直樹田原総一朗など文壇・論壇に知己が多く、出版論を学問として確立した、現代日本を代表する編集者の一人として知られる[要出典]梓会出版文化賞、髙橋松之助記念「朝の読書大賞」「文字・活字文化推進大賞」などの選考委員や、NHK衛星第2テレビの「週刊ブックレビュー」のコメンテイターなどを務めている[要出典]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『現代マスコミ・スター 時代に挑戦する6人の男』文研出版、1968年
  • 『白夜の旅人 五木寛之』大成出版社 1972年/改訂版 ブレーン 2012年  
  • 『病める昭和文壇史―自殺作家に見る暗黒世界』エルム、1976年
  • 『3000万人を魅きつけた男 磯村尚徳のテレビマン哲学』学陽書房、1978年 
  • 『現代の出版―この魅力ある活字世界』理想出版社、1980年
  • 『編集者になるには』ぺりかん社、1981年 
  • 『当世出版事情―本と雑誌への熱いまなざし・行動的読書生活のために』理想出版社、1981年
  • 『出版界コンフィデンシャル〈part 1-2〉』理想出版社、1982年  
  • 『メディアの狩人 時代のコンセプトをどう読むか』花曜社、1985年 
  • 『ベストセラー考現学』メディアパル、1992年 
  • 『売れる本100のヒント』メディアパル、2000年 
  • 『売れる本のつくりかた ベストセラー・ヒット企画を生み出す発想のヒント』メディアパル、2005年 
  • 『雑誌は見ていた。 戦後ジャーナリズムの興亡』水曜社 2009年
  • 『本は世につれ ベストセラーはこうして生まれた』水曜社、2009年
  • 『ヒーローのいた時代 マス・メディアに君臨した若き6人』北辰堂出版、2010年 
  • 『出版の冒険者たち。 活字を愛した者たちのドラマ』水曜社 2016年

共編著[編集]

  • 『『トットちゃん』ベストセラー物語』塩沢実信共編 理想出版社、1982年
  • 『読書大全』編 講談社 1985年
  • 『メディアNow 広告・情報・出版・映像』編 学陽書房 1986年
  • 『読書日録大全』編 講談社 1989年
  • 『何用あって月世界へ 山本夏彦名言集』選、文春ネスコ、1992年。文春文庫、2003年  
  • 『現場からみた出版学』編著 学文社 1996年
  • 『「現代マスコミ論」のポイント 新聞・放送・出版・マスメディア』天野勝文・松岡新兒共編著 学文社 1999年
  • 『新現代マスコミ論のポイント』天野勝文,松岡新兒共編著 学文社 2004年
  • 『新 現場からみた出版学』編著 学文社、2004年 
  • 『「週刊読書人」と戦後知識人』出版人に聞く、聞き手小田光雄論創社、2015年
  • 『戦後史の現場検証 ルポライターの取材メモから』創元社、2016年
  • 岩波茂雄文集』全3巻、岩波書店、2017年。編集委員

脚注[編集]

  1. ^ 植田康夫氏が死去:日本経済新聞
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  3. ^ 読売人物データベース
  4. ^ http://cumsophia.jp/hn130906.html
  5. ^ a b c d e 植田康夫教授・主な研究業績
  6. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  8. ^ 朝日新聞人物データベースより
  9. ^ 読売人物データベースより
  10. ^ 読売人物データベースより
  11. ^ 読売人物データベースより
  12. ^ http://cumsophia.jp/hn130906.html

参考文献[編集]

関連項目[編集]