植物成長調整剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

植物成長調整剤(しょくぶつせいちょうちょうせいざい、plant growth regulator;PGR)とは、植物の成長を促進(または抑制)、着果促進、発根促進などの成長調整作用のある薬剤をいう。植調と略したり、植物生長調整剤植物生育調整剤ということもある。

植物成長調整剤は、その性質上、植物ホルモンまたはそれに拮抗するような薬剤が多い。

しかし、次のような化学的反応や物理的な作用による薬剤もある。

  • 種籾(たねもみ)に薬剤をまぶしてから植えて、薬剤と水分との反応によって酸素を放出させ発芽率を向上させる。
  • 葉面に薬剤を散布することにより、気孔を塞いて水の蒸散を抑えて植え痛みを防ぐ。

関連項目[編集]