植村家存

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
植村家存
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文10年(1541年
死没 天正5年11月5日1577年12月14日
改名 栄政(初名)→家政→家存
別名 通称:新六郎
官位 出羽(受領名)
主君 徳川家康
氏族 植村氏
父母 父:植村氏明
家次石川康通正室

植村 家存(うえむら いえさだ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将徳川氏の家臣。初名は栄政、その後徳川家康から偏諱を受けて家政、後に家存と名乗る。

出自[編集]

植村氏清和源氏の一流である摂津源氏の流れを汲む美濃源氏の嫡流・土岐氏の末裔を称する。

生涯[編集]

天文18年(1549年)、9歳の時から家康に仕える。その後、天文21年(1552年)に父・植村氏明が死去したため家督を継承。

永禄5年(1562年)、清洲同盟の際は清洲城に赴いた主君・徳川家康の護衛を務める。この時、織田信長についてゆき、家康一行が書院に入ろうとしたが、家存が家康の刀を持ったまま入室しようとした為、警固の者に何者かと咎められた。これに対して家存の方は、「我は植村出羽守なり。主君の刀を持って参ったのを、そのように大袈裟に咎めてくれるな」と荒々しく言い放った。この時、それを耳にした織田信長に前漢樊噲に似ていると賞賛された。会見後、織田信長は護衛役の家存に二振りの行光の太刀を与えた。

その後、酒井忠次石川家成石川数正らと共に家康の家老となる。元亀3年(1572年)には織田信長と上杉謙信の同盟の仲介を行い、謙信から長光の刀と山伏出立の具足を贈られた。

天正5年(1577年)に37歳で死去。