森敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もり けい
森 敬
生誕 1932年昭和7年)
不明
死没 1990年平成2年)2月15日
出身校 慶應義塾大学経済学部
職業 経済学者
配偶者 森洋子 (美術史家)
子供 森万里子 (芸術家)

森 敬(もり けい、1932年 - 1990年2月15日)は、日本の経済学者である。専門は計量経済学で、慶應義塾大学理工学部管理工学科教授を務めた。森ビル創業者・森泰吉郎の長男としても知られた。

生涯[編集]

慶應義塾大学経済学部卒業。専門とする計量経済学のマクロ経済研究にとどまらず、インキュベーション(起業)、都市情報機能の地震対策[1]など、幅広い分野の研究を行なった。とくにインキュベーションの研究においては、単に起業支援の仕組みやその経済的影響の研究にとどまらず、太陽光自動集光・伝送装置「ひまわり」を開発し、自らも起業を実践した。

森が開発した「ひまわり」は、1978年昭和53年)にプロトタイプが完成し、1988年昭和63年)に市販された。平面レンズで太陽光を集光し、その光を光ファイバーで室内や地下、ビルの陰などに送る装置で、レンズは太陽の動きを自動的に追尾して常に太陽に正対する。とくに、集光の際に色収差により有害な紫外線や赤外線を除外し、可視光のみを集めて伝送することに特長がある。日照権問題の解決、植物栽培や海洋牧場による地球環境改善、病気の治療など、幅広い分野への応用が可能である。

この功績に対し、死後の1990年5月にカーネギーメロン大学からハーバート・サイモンらとともに名誉博士号が贈られた[2]

持病の慢性肝炎が悪化、肝不全のため1990年平成2年)2月15日に57歳で死去。遺産は131億円と発表された[3]

家族[編集]

弟に森稔森章がいる。妻の森洋子は美術史家。娘の森万里子は現代美術の芸術家。  

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞 1989年10月19日付朝刊、P.4
  2. ^ 朝日新聞 1990年6月16日付夕刊、P.2、総合面
  3. ^ 朝日新聞 1991年9月27日付朝刊、P.30、社会面