梯明秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

梯明 秀(かけはし あきひで、 1902年7月16日 - 1996年4月14日)は、日本哲学者立命館大学名誉教授。

徳島県出身。京都帝国大学文学部哲学科(社会学)卒。西田幾多郎に師事。1959年「資本論の学的体系性 マルクス主義経済哲学の基礎づけのために」で立命館大学経済学博士立命館大学経済学部教授、63年定年退任、名誉教授。橘女子大学教授。

著書[編集]

  • 『物質の哲学的概念』政経書院 1934 
  • 『社会起源論』三笠書房・唯物論全書 1936
  • 『文化社會學の諸相』早瀬利雄,武田良三共著 社會學研究會編 同文館 1947 
  • 『資本論の弁証法的根拠』高桐書院 1948 
  • 『社会と弁証法』玄林書院 1949
  • 『社会の起原』日本評論社 1949 のち青木文庫 
  • 『戦後精神の探求 告白の書』理論社 1949
  • 『資本論の学問的構造』弘文堂 1951
  • 『現代の唯物世界観 社会と弁証法』法律文化社 1952 2版 新文化選書
  • 『社会科学』三和書房 1956
  • 『ヘーゲル哲学と資本論』未来社 1959
  • 『資本論への私の歩み』現代思潮社 1960
  • 『経済哲学原理』日本評論新社 1962
  • 『社会科学の学問的構造 社会と弁証法』雄渾社 1966
  • 『全自然史的過程の思想 私の哲学的自伝における若干の断章』創樹社 1980
  • 梯明秀経済哲学著作集』全5巻 未來社、1982-87
第一巻 - 総括的序論・物質の哲学的概念
第二巻 - 社会の起源・三木哲学からの離反
第三巻 - 社会と弁証法
第四巻 - 社会科学の体系的把握をめざして
第五巻 - 西田・田辺両哲学と私の立場

外部リンク[編集]