桂元忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
桂 元忠
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 不詳
官位 左衛門大夫上総介
主君 毛利幸松丸元就
氏族 大江姓毛利氏庶流桂氏
父母 父:桂広澄、母:不詳
兄弟 元澄元忠就延保和
就宣隆正就忠

桂 元忠(かつら もとただ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将毛利氏の家臣。桂広澄の次男。兄に桂元澄、弟に桂就延桂保和がいる。子は桂就宣桂隆正桂就忠。官途は上総介。

生涯[編集]

桂広澄の次男として生まれる。大永4年(1524年)に父の広澄が自刃した際に、兄とともに桂城に籠って抵抗したが、毛利元就の説得により降伏した。

天文19年(1550年)に毛利隆元の下で五奉行制度が始まると、その正直な性格を元就に評価され、五奉行の一員として活動した。五奉行の中では児玉就忠同様、親元就派だったため、親隆元派だった赤川元保国司元相粟屋元親らとは対立したが、隆元が元就の隠居を止める書状を元忠に送るなど、元就と隆元をつなぐ役割を果たしていた。

元亀元年(1570年)頃までは、五奉行として活動していたが、元亀3年(1572年)からは嫡子の就宣が五奉行の職を引き継いだ。元忠のその後の消息は不明である。

関連項目[編集]