栄町 (桐生市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 群馬県 > 桐生市 > 栄町 (桐生市)
栄町
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Gunma Prefecture.svg 群馬県
市町村 Flag of Kiryu, Gunma.svg 桐生市
地区 第七区
等時帯 UTC+9 (JST)

栄町(さかえちょう)は、群馬県桐生市の旧町名である。

現在の浜松町二丁目の北部にあたる。1966年(昭和41年)の住居表示の実施により、浜松町の一部となった。

概要[編集]

桐生市の中部に位置し、諏訪町芳町安楽土町今泉町清水町とともに桐生市第七区に属していた。

東北部は新川を境として清水町に、東南部は桐生川を境として菱町に、南部から西部にかけて浜松町にそれぞれ接していた。

かつては新川の中州に位置しており、町内の東南部で新川が桐生川に合流していた。

歴史[編集]

かつての今泉村の一部にあたる。1873年(明治6年)に、今泉村、堤村、本宿村、村松村が合併して安楽土村となる。

1889年(明治22年)の町村制施行により、桐生新町、新宿村、安楽土村、下久方村、上久方村平井が合併して桐生町が発足、安楽土村は桐生町の大字の一つとなる。1921年(大正10年)の市制施行を経て、1929年(昭和4年)に大字が廃止され、栄町が新設された。

1966年(昭和41年)の住居表示の実施に伴う町名変更により、栄町は浜松町二丁目に編入し、第七区から第五区に所属区が変更となった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]