新川 (桐生市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新川(しんかわ)は、群馬県桐生市を流れていたである。利根川水系に属する渡良瀬川桐生川を結んでいた。現在では大部分が埋め立てられ、緑地や道路となっている。

概要[編集]

桐生市元宿町渡良瀬川から分岐し、市内を東に流れ、浜松町桐生川と合流していた。かつては下瀞堀と呼ばれ、中世には柄杓山城外郭の要害として、渡良瀬川北岸の丸山砦と桐生川東岸の浅間山砦を結んでいた。

1910年(明治43年)の洪水や、1947年(昭和22年)のカスリーン台風による洪水では、家屋や橋が流される被害が出た。1953年(昭和28年)には河川敷に新川児童遊園地が開園したが、1971年(昭和46年)に遊園地は桐生が岡公園に移設された。

巴町から浜松町までの区間は埋め立て工事によって、現在はコロンバス通りとなっている。川岸町の旧盛運橋周辺に旧河道の跡が見られ、新川公園や新川バラ園など付近の施設に名残りを留めている。

旧橋梁[編集]

参考文献[編集]

  • あかぎ出版 『ふるさと今昔 桐生』 1986年(昭和61年)

関連項目[編集]