柴田昌平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柴田 昌平(しばた しょうへい、1963年10月8日 - )は、日本映画監督ドキュメンタリー映画の監督)。

経歴[編集]

東京都出身。幼少期から転校を繰り返す。大阪府立清水谷高等学校から東京都立駒場高等学校

1988年東京大学卒業(文化人類学専攻)後、NHK(沖縄放送局、報道局特報部)、姫田忠義の「民族文化映像研究所」を経て1995年に独立。

現在は、自身が代表を務める(有)プロダクション・エイシアより、映像作品を世に送り出している。沖縄やアジアに目を向けた映像作品(主にドキュメンタリー)を作りつづけている。

主な監督作品と受賞歴[編集]

  • 1994年 ドキュメンタリー映画『埼玉の箕づくり 毛呂山町葛貫の桜箕』
  • 1995年 「1フィート映像でつづるドキュメント沖縄戦」(教育映画祭優秀賞)
  • 1997年 NHK「風の橋~中国雲南・大峡谷に生きる」(ギャラクシー賞
  • 1997年 NHK「天と地の時を奏でる~中国55少数民族・音楽の旅」(ATP賞
  • 1998年 NHK「杉の海に甦る巨大楼閣」(ギャラクシー賞ATP賞
  • 2005年 NHKスペシャル「新シルクロード・第1集・楼蘭・4千年の眠り」(米・国際エミー賞参加)
  • 2005年 NHKスペシャル「新シルクロード・第5集・天山南路・ラピスラズリの輝き」(伊・国際宗教映画祭参加/2007年ニューヨーク・フェスティバル金賞受賞)
  • 2006年 長編ドキュメンタリー映画「ひめゆり」(第50回JCJ特別賞/第5回文化庁映画賞〈文化記録映画部門〉大賞受賞/2007年(第81回)キネマ旬報ベストテン〈文化映画部門〉第1位/日本映画ペンクラブ・ベストファイブ〈文化映画部門〉第1位/高崎映画祭特別賞/全国映画鑑賞連合会 監督賞/日本映画復興会議 奨励賞/SIGNIS JAPAN カトリック映画賞)
  • 2007年 NHKスペシャル「世界里山紀行・フィンランド・森・妖精との対話」(独・2008年World Media Festival銀賞受賞/米・ロサンジェルス国際ビデオ映画祭 3位)
  • 2008年 NHK・BS世界のドキュメンタリー「よみがえる第二次世界大戦・カラー化された白黒フィルム」(2010年、NHK放送総局長賞受賞)
  • 2010年 長編ドキュメンタリー映画「森聞き」(フィンランド・オウル国際青少年映画祭正式招待/日本映画ペンクラブ・ベストファイブ〈文化映画部門〉第3位/2010年(第84回)キネマ旬報ベストテン〈文化映画部門〉第7位/児童文化福祉賞〈厚生大臣賞〉)
  • 2011年 NHKハイビジョン特集「北海道 豆と開拓者たちの物語」(ATP賞 最優秀ドキュメンタリー賞)
  • 2012年 NHKスペシャル「クニ子おばばと不思議の森」(放送文化基金賞/米・エミー賞参加/米・モンタナシネ国際フィルムフェスティバル・撮影に対する名誉言及賞/チェコ・生活科学映像祭正式参加/世界自然・野生生物映像祭 日本環境賞/中国・四川テレビ祭 最優秀人類学賞)
  • 2013年 NHKスペシャル「和食 千年の味のミステリー」(ATP賞 総務大臣賞)
  • 2014年 日仏合作ドキュメンタリー映画「千年の一滴 だし しょうゆ」(2014年キネマ旬報ベストテン〈文化映画部門〉第2位/ATP賞総務大臣賞/Tokyo Docs優秀企画賞/ギャラクシー賞奨励賞/辻静雄食文化賞/アメリカ・第12回 考古学チャンネル国際フィルム・ビデオ映像賞 奨励賞)
  • 2015年 NHK 世界で一番美しい瞬間「妖精の森が輝くとき〜スウェーデン・北部地方」

その他の活動[編集]

  • 沖縄県に所在するひめゆり平和祈念資料館の展示リニューアル事業総合プロデューサーを務めた。この活動が、後に映画「ひめゆり」を製作する事になった由縁である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]