枯木虎夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

枯木 虎夫(かれき とらお、1914年(大正3年)12月29日 - 1977年(昭和52年))は、日本詩人。本名、井上虎夫。

北海道帯広市生まれ。詩人加藤愛夫に師事。戦時中は樺太豊原支庁に勤務、戦後は札幌地検事務官を長く務めた。更科源蔵主宰の詩誌『野性』を経て、『詩風土』を主宰。

受賞・候補歴[編集]

著作[編集]

  • 「冬」 詩風土の社、1977
  • 「羆」 北方の詩社、1955

参考文献[編集]