板チタン石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
板チタン石
brookite
brookite(パキスタン産)
分類 酸化鉱物
シュツルンツ分類 4.DD.10
Dana Classification 4.4.5.1
化学式 TiO2
結晶系 斜方晶系
へき開 なし
モース硬度 5.5 - 6
光沢 金剛光沢
褐色黒色
条痕 無色灰色
比重 4.1
光学性 二軸性正号
屈折率 nα = 2.583
nβ = 2.584
nγ = 2.700
複屈折 δ = 0.117
光軸角 2V 2V = 12° - 20°
文献 [1][2][3]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

板チタン石(いたチタンせき、brookite[4])は、鉱物酸化鉱物)の一種。ブルカイトあるいはブルッカイトともいう。

名前はイギリス結晶学者 Henry James Brooke にちなむ。

産出地[編集]

火成岩変成岩中に産する。

性質・特徴[編集]

化学組成は TiO2酸化チタン(IV))で、ルチル正方晶系)、鋭錐石(正方晶系)とは多形の関係にある。結晶系斜方晶系

用途・加工法[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国立天文台編『理科年表 平成20年』丸善、2007年、639頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ Brookite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=787 2011年10月30日閲覧。  (英語)
  3. ^ Brookite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Brookite.shtml 2011年10月30日閲覧。  (英語)
  4. ^ 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、52頁。ISBN 4-8181-8401-2

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]