松浦徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松浦 徹(まつうら とおる、1965年 - )は、日本の映画監督・テレビディレクター脚本家

来歴・人物[編集]

1991年ホリプロ入社。1996年から、マネージメントの傍ら、演出活動を開始。テレビドキュメンタリーなどを中心に活動していた。2006年公開『ギミー・ヘブン』で劇場用長編映画デビュー。2009年には、『恋と革命』で初の舞台演出も手がける。

主な作品[編集]

映画[編集]

  • 25mの向こう側(2001年)- 脚本・監督
  • 蒼い夏(2003年)- 脚本・監督
  • ギミー・ヘブン(2006年)- 監督 ※第10回ファンタジア国際映画祭出品
  • ともだち(2009年)- 監督
  • 純愛風景(2009年)- 監督

舞台[編集]

テレビ[編集]

ミュージックビデオ・ DVD・イメージビデオなど[編集]

  • 武田真治「SPEED」(1995年)
  • 武田真治「No Good!」(1996年)
  • 山口紗弥加「BABY MOON」「Little Wing」「赤い花」(1998年)
  • 山口紗弥加「April Fool」(1999年)
  • 山口紗弥加「Toy Ring」(2001年)
  • 竹仲絵理「まなざし」(2004年)
  • ドキュメンタリー「廃墟」(2004年、フジテレビ・ポニーキャニオン
  • 横峯さくら「Get Into The Hole」(2005年)
  • NORISIAM-X「Brave New World」(2005年)
  • 竹仲絵理「gerbera」(2005年)
  • 吉野紗香「FAKE」(2006年)
  • 速水もこみち「Hang Out In N.Y」(2007年)
  • 中村俊輔オフィシャルDVD-BOX 「naka25×shun10」(2008年、ポニーキャニオン)