松本憲治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松本 憲治
まつもと けんじ
生年月日 (1948-01-27) 1948年1月27日(74歳)
出身校 東京経済大学経営学部
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2001年 - 2013年9月2日
テンプレートを表示

松本 憲治(まつもと けんじ、1948年昭和23年)1月27日[1] - )は、日本の政治家。高知県安芸市長を2001年から2013年まで3期務めた。

経歴[編集]

1948年1月27日生まれ[2]東京経済大学経営学部卒業[2]後、高知県安芸市役所に勤務。240億円の地方債を抱えた市の財政問題などを解決しようと、2001年に市長選に出馬し当選し、以後3回当選。職員削減など行財政改革を行い、地方債残高を100億円以上削減し、2011年に早期健全化団体から脱却させた[3]。また、安芸市営球場の建設や、南国安芸道路の事業化などを行った[4][2]2013年の市長選にも出馬し、立て直した財政の元で南海地震に備えた新事業を行うことなどを目指したが、市教育長横山幾夫に敗れた。横山は松本への多選批判が追い風になったと主張している[4]

人物[編集]

趣味は写真で市の展覧会で3度入賞している[3]

出典[編集]

  1. ^ 『全国歴代知事・市長総覧』日外アソシエーツ、2022年、379頁。
  2. ^ a b c 安芸市総務課 (2013年5月24日). “安芸市:市長プロフィール”. 2013年8月31日閲覧。
  3. ^ a b 毎日新聞 (2013年8月20日). “選挙:安芸市長選 候補者の横顔 /高知”. 2013年8月31日閲覧。
  4. ^ a b 朝日新聞、根岸敦生 (2013年8月26日). “高知・安芸市長に横山氏初当選 「多選批判が追い風」”. 2013年8月31日閲覧。


先代
井津哲彦
Flag of Aki, Kochi.svg 高知県安芸市長
2001年 - 2013年
次代
横山幾夫