松本勝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本 勝太郎(まつもと かつたろう、1874年明治7年)4月13日[1] - 1959年昭和34年)2月2日[2])は、日本の実業家政治家貴族院多額納税者議員、第12代市長

経歴[編集]

広島県広村[要出典](現・呉市)出身。松本栄助の息子として生まれる。1893年に家督を相続[3]

以後、(株)松本組社長、呉工業(株)社長、広島瓦斯電軌(株)社長(広島ガス広島電鉄)、芸南電気軌道(株)社長、京城商工会議所議員、朝鮮土木建築協会長などを歴任[2]

1925年9月、貴族院多額納税者議員に選出され、同和会に所属し、1947年5月の貴族院廃止まで在任。1928年、第14回万国議員商事会議、第25回列国議会同盟会議に出席のためヨーロッパに外遊した[2]

また、1935年6月から1936年9月まで呉市長を務めた[3]

著作[編集]

  • 『海外を巡りて』日本評論社、1929年。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本人名大辞典』1787頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』221-222頁。
  3. ^ a b 『日本の歴代市長』第3巻、112頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第3巻、1985年。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。