松尾徳三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松尾 徳三郎(まつお とくさぶろう、1845年12月5日(弘化2年11月7日[1])- 1915年大正4年)5月31日[2])は、明治期の実業家政治家衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

大和国宇陀郡松山町(のち奈良県宇陀郡松山町大宇陀町を経て現宇陀市)で[3]松尾四良三郎の長男として生まれた[1]。1885年(明治18年)4月、家督を相続[1]学区取締奈良県会議員大阪府会議員、同常置委員、勧業諮問会委員、町村会議員、連合町村会議員となる[2][3]。大和銀行頭取、奈良県農工銀行取締役も務めた[1][2]

1894年9月の第4回衆議院議員総選挙において奈良2区から大手倶楽部所属で立候補して当選した[4]。衆議院議員を1期務め[2]1898年3月の第5回衆議院議員総選挙は不出馬。1911年(明治44年)9月、隠居して家督を二男・四郎に継承した[5]。1915年に死去した。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『人事興信録 第3版』ま48頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』594頁。
  3. ^ a b 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』416頁。
  4. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』22頁。
  5. ^ a b 「松尾四郎」『人事興信録 第4版』ま30頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第3版』人事興信所、1911年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 衆議院 編 『総選挙衆議院議員略歴 第1回乃至第20回』衆議院事務局、1940年、416頁。NDLJP:1278238 
  • 日本国政調査会編『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』国政出版室、1977年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。