松尾信之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松尾 信之(まつお のぶゆき、1947年 - )は、日本フリージャーナリスト。よろず便利屋。マスコミ就職塾「高田塾」の講師を務める一方、各地で「DIYリフォーム」「定年後の生き方」などの講演をしている。

人物・経歴[編集]

埼玉県浦和市(現さいたま市浦和区)生まれ。実父(松尾武)が経営する私立・双恵幼稚園、双恵学園小学校、同中学校を経て、埼玉県立浦和高等学校明治学院大学法学部を卒業。

「埼玉産経広告社」で1年弱、広告営業マンをした後、4年間、小学館週刊ポスト』の取材をメインとするフリーランスの雑誌記者となる。

1975年10月27日に創刊された講談社系夕刊紙『日刊ゲンダイ』の創刊スタッフとなり、以後18年間、ニュース報道一筋で第一編集局ニュース部長などを務める。

1993年8月、株式会社日刊現代を退社、同年12月13日創刊の『日刊アスカ』の取締役編集局長となる。翌年5月、同社事業閉鎖に伴い、編集プロダクション『コミュニケーションハウスK3』の代表取締役専務。

1996年9月、株式会社金曜日に入社。翌年4月から本多勝一の後継として『週刊金曜日』の三代目編集長(取締役)に就任。1999年5月、ブックレット『買ってはいけない』を出版し200万部のミリオンセラーに仕立てた。

2003年に株式会社金曜日を退社後、フリージャーナリストとしてインターネット新聞などネットメディアや活字媒体で、ニュース解説・コラムを執筆。その一方、よろず便利屋『ガーデンハウス・猫の手』代表として、家内外のリフォームや園芸・ガーデニングの仕事をしている。

著書[編集]

  • 『零細起業―ナゾの職業「猫の手貸します」』(ユビキタ・スタジオ 2008年2月刊)