松原祐善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松原 祐善(まつばら ゆうぜん、1906年1991年1月7日[1])は、日本仏教学者、真宗学者。金子大栄曽我量深に師事。 大谷大学名誉教授、元学長。

略歴[編集]

1906年福井県 大野市生まれ。旧制福井県立大野中学校(現福井県立大野高等学校)卒。大谷大学卒。大谷大学教授、学長。80年退任、名誉教授。真宗大谷派円徳寺元住職。

著書[編集]

  1. 教行信証の核心
  2. 信は生活なり
  3. 無善造悪なればこそ
  4. 大船抄
  • 『汝自身を知れ 傘寿記念講話集』(同朋舎 1988)
  • 松原祐善講義集
    • 1清沢満之傾倒録
    • 2恩師を偲びて
    • 3念仏の伝統
    • 4樹心仏地
編纂

論文[編集]

参考文献[編集]

  • 念仏者の平和(東本願寺出版部)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
先代:
安藤俊雄
大谷大学学長
第20代:1974-1980
次代:
廣瀬杲