東郷神社 (福津市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東郷神社

東郷神社拝殿
東郷神社拝殿

所在地 福岡県福津市渡1815番地1
位置 北緯33度47分24秒
東経130度27分0.7秒
座標: 北緯33度47分24秒 東経130度27分0.7秒
主祭神 東郷平八郎命
例祭 5月27日 12月22日
テンプレートを表示
戦艦三笠 主砲先端

東郷神社(とうごうじんじゃ)は、福岡県福津市渡にある神社

神社概説[編集]

日露戦争時、日本海海戦ロシアバルチック艦隊を破り講和のきっかけを作った元帥海軍大将東郷平八郎を祭神とする。

福津市の北西部の海沿いにあり、玄海国定公園に指定されている大峰山の山頂付近にある。

生前の東郷との親交もあり、東郷の偉業に感銘した宗像郡津屋崎町(福津市の前身)出身の獣医師安部正弘の提唱によって1922年(大正11年)に計画され、1971年(昭和46年)5月に創建された。

境内の宝物館前には戦艦「三笠」の主砲の先端や弾が展示されている。宝物館館内には「三笠」の模型や東郷の書簡、傷痍軍人に贈られた杖や勲章などが展示されている。

日本海海戦が行われた日である5月27日(旧海軍記念日)には春季大祭が、東郷の誕生日である12月22日には元帥誕生祭が行われる。

神社の周辺は東郷公園(大峰山自然公園)として整備され、大峰山の山頂には戦艦三笠の艦橋を模した日本海海戦紀念碑が建ち、空気が澄んでいる日は小呂島沖ノ島壱岐対馬が見えることもある。

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]