東海NEXUS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東海NEXUS
TOKAI NEXUS
会社名 一般社団法人東海NEXUS
創設 2020年2月16日
所属リーグ

センターリーグ

歴代チーム名

東海NEXUS(2020年 - )

本拠地
一宮市営球場
愛知県一宮市(2020年 - )
永久欠番
獲得タイトル
成績(タイトル以外)
球団組織
監督 碇美穂子

東海NEXUS(とうかいネクサス)は、愛知県一宮市に活動拠点を置く女子硬式野球クラブチームである。センターリーグに所属している。

概要[編集]

チーム名の「NEXUS」は英語で「連鎖」「連結」「つながり」を意味し、女子野球選手の活動の場の創出、未来を担う子どもたちが健やかに育つ環境作り、地域雇用への貢献を理念に、本拠地の一宮市に限らず、愛知県、東海地方、中部地方の女子野球の知名度の向上、文化の発展を目的として活動している。[1]

発足までの経緯[編集]

2018年に淡路島から愛知県一宮市に移転してきた日本女子プロ野球機構(JWBL)球団の愛知ディオーネは、地元密着をキーワードに順調に女子野球文化を地域に根付かせていった。ところが2019年のシーズン終了後に、契約形態の変更などをめぐって全所属選手(71人)の半数以上(36人)が退団。さらには2020年のシーズンは全球団が京都に集結し、関西を中心としたリーグ戦を開催することが発表された。これにより愛知ディオーネは、チーム名に愛知という地域名こそ残せどわずか2年で事実上の撤退となった。

ディオーネの監督であった碇美穂子は、愛知県に移転してきた際、東海地方の女子野球の知名度の低さを目の当たりにし、学校訪問や野球教室などを積極的に行っていた。ところが女子プロ野球チームが撤退することにより東海地方の女子野球文化が再び衰退する危機を感じたことから、一宮を拠点とした東海地方・中部地方の女子野球の知名度を向上させるためのチームを作ることを決意。2020年2月16日に東海NEXUSの創設が発表された。初代メンバーとしてディオーネ時代の教え子でもある堀田ありさ三原遥只埜榛奈榊原梨奈の4人に加え青木悠華山口千沙季の6人が所属することも同時に発表された。

同年3月16日には法人化のアナウンスを行い、一般社団法人東海NEXUSとしての活動を行うことが発表された。[2]

2020年は出場登録選手が規定に満たないことからチーム単独でのリーグ戦参加を見送ることになるが、人数が揃い次第一般社団法人全日本女子野球連盟への加盟を目指す。

所属選手[編集]

2020年2月16日現在。太字はキャプテン。守備位置は前所属時のもの。

投手[編集]

背番号 名前 備考
18 堀田ありさ 2019年はJWBL・愛知ディオーネに所属
20 山口千沙季 2019年はJWBL・埼玉アストライアに所属

捕手[編集]

背番号 名前 備考
24 青木悠華 2019年はJWBL・レイアに所属

内野手[編集]

背番号 名前 備考
2 三原遥 2019年はJWBL・京都フローラに所属
6 只埜榛奈 2019年はJWBL・埼玉アストライアに所属

外野手[編集]

背番号 名前 備考
1 榊原梨奈 2019年はJWBL・愛知ディオーネに所属

メディア出演[編集]

  • FMいちのみや i-スポーツMix!(2020年4月~ ユニアオレディース愛知、Dream Citrineと週変わりで担当)[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]