東山・おかでんミュージアム駅停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東山停留場から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
東山・おかでんミュージアム駅停留場
Okaden Higashiyama 01.jpg
東山停留場(2009年1月2日)
ひがしやま・おかでんミュージアムえき
Higashiyama・Okaden Museum
(東山・おかでんチャギントンミュージアム駅)
◄H09 門田屋敷 (0.3km)
岡山市中区徳吉町2丁目・東山2丁目
北緯34度39分22.56秒 東経133度56分33.63秒 / 北緯34.6562667度 東経133.9426750度 / 34.6562667; 133.9426750 (東山・おかでんミュージアム駅停留場)
駅番号 H10
所属事業者 岡山電気軌道
所属路線 東山本線(1系統)
キロ程 3.0 km(岡山駅前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,920[1]人/日
-2019年-
開業年月日 1923年大正12年)7月9日
テンプレートを表示

東山・おかでんミュージアム駅停留場(ひがしやま・おかでんミュージアムえきていりゅうじょう)は、岡山県岡山市中区徳吉町二丁目および東山二丁目にある岡山電気軌道東山本線停留場である。駅番号はH10。2020年現在、駅名標や時刻表には東山・おかでんチャギントンミュージアム駅(ひがしやま・おかでんチャギントンミュージアムえき)と記載されている[2]

当停留場は正式名称に「駅」までを含んでいる[3]

構造[編集]

2面2線の相対式ホーム。東山本線の終点であり、ホームの先で線路が二つに分かれ、岡山県道28号岡山牛窓線の北側および南側にある車庫へ向かっている。また、当駅に到着した電車はいったん車庫側へ引き上げたのち、到着時とは反対側のホームへ入線する。

周辺[編集]

歴史[編集]

大正時代の東山停留場(写真上)

バス路線[編集]

「東山電停前」バス停・「東山」バス停[編集]

岡山県道28号岡山牛窓線沿いにある。デイリーヤマザキ岡山東山店前に「東山電停前」バス停(岡山国際ホテル・益野西・西大寺方面のみ)、東山公園前に「東山」バス停がある。

Harecaの場合に限り、岡山電気軌道の路面電車(岡山駅前県庁通り方面)と両備バス岡山国際ホテル・益野西・西大寺方面)を、東山・おかでんミュージアム駅停留場と東山電停前バス停・東山バス停で乗り換えた場合、乗換を含んだ乗車区間を全てバスで乗車したものとして運賃計算する[4]

乗り入れるバス会社

一般路線(東山電停前)[編集]

のりば 路線番号 会社名 行先・方面など 備考
東行 314,315 両備 (益野経由)西大寺  
341 両備 岡山国際ホテル・操南台団地  

一般路線(東山)[編集]

のりば 路線番号 会社名 行先・方面など 備考
東行 314,315 両備 (益野経由)西大寺  
341 両備 岡山国際ホテル・操南台団地  
M03 (3) 八晃 めぐりん益野線〕(益野経由)新橋  
西行 314,341 両備 山陽学園中学・高校前  
314,341 両備 県庁前天満屋経由)岡山駅  
315 両備 (千日前・市役所入口イオン経由)岡山駅 平日のみ運行
M03 (3) 八晃 〔めぐりん益野線〕(県庁南・栄町・田町・イオン経由)岡山駅前 天満屋・岡山駅構内は経由しない

隣の停留場[編集]

岡山電気軌道
東山本線
門田屋敷停留場 (H09) - 東山・おかでんミュージアム駅停留場 (H10)

脚注[編集]

  1. ^ 岡山県 駅乗降客数”. 2021年6月16日閲覧。
  2. ^ よくあるご質問|おかでんチャギントン - 岡山電気軌道、2020年1月6日閲覧。
  3. ^ 岡山電気軌道株式会社News”. 岡山電気軌道. 2018年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月19日閲覧。
  4. ^ 路面電車乗継サービス (pdf)”. 両備バス. 2018年9月23日閲覧。