東光寺城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
東光寺城
福岡県
別名 算城
城郭構造 山城
築城主 高良山勢力
築城年 戦国時代
主な城主 高良山勢力
廃城年 不明
遺構
指定文化財 未指定
位置 北緯33度18分36.2秒
東経130度33分25.9秒
地図
東光寺城の位置(福岡県内)
東光寺城
東光寺城

東光寺城(とうこうじじょう)は福岡県久留米市に存在した日本の城山城)。

概要[編集]

高良山の北西端にある標高66mの半独立丘陵に位置する。同じ独立丘陵の茶臼山との間に中世の交通路があり、交通を押さえや高良山の北の防衛線として運用された。3段の曲輪や堀が設けられていた。

高良山に属する東光寺鎌倉時代に当地に築かれ、伝法師がいた。その後、戦国時代に高良山の勢力によって城郭が築かれたとみられる。天正11年(1583年)の大友義統の書状によれば高良大社大祝・鏡山氏が在番を務めていた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]