東京高裁判事襲撃事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

東京高裁判事襲撃事件(とうきょうこうさいはんじしゅうげきじけん)とは、1976年(昭和51年)9月17日東京都新宿区で発生したテロ事件。

有罪判決に対する報復を目的に判事を標的としたテロ事件で、日本の新左翼社青同解放派が起こした事件である。

事件の発端[編集]

狭山事件控訴審東京高等裁判所で開かれることになり、寺尾正二判事が裁判長として審理することになった。寺尾判事は第二次羽田事件の差し戻し審で無罪判決を出していたことから、被告の支援者らは「寺尾判事ならば、きっと無罪判決を下してくれるだろう」と判決を楽観視していた[1]。しかし寺尾判事は、狭山事件の被告無期懲役の有罪判決を言い渡した。

支援者らは、一転して寺尾判事のことを「差別裁判官」呼ばわりし、悪罵を投げつけた。また狭山事件の被告を支援していた新左翼も不穏な動きを見せ、事件前から寺尾判事が住む官舎に爆竹を仕掛けるなどの嫌がらせを行っていた。

事件の概要[編集]

1976年9月17日午前9時20分頃、寺尾判事を乗せた公用車新宿通りの四谷三丁目交差点付近で、渋滞のため停車していた。すると、後ろのライトバンから賊3人がバットを持って飛び出し、寺尾判事の公用車のガラスを叩き割り、中にいた寺尾判事を殴打した。運転手は機転を利かせて急発進し、猛スピードでそのまま東京高裁に直行した。賊らは乗っていたライトバンに飛び乗り、車内にいた2人とともに四谷方面に逃走した。寺尾判事は頭と両腕に全治1週間の打撲傷を負った。

9月26日、社青同解放派は集会を開き、その席で「革命的人民により、反革命裁判官寺尾に報復の鉄槌が下った」と発言し、事実上の犯行声明を出した。公安警察はその他の証拠などから社青同解放派によるテロ事件と断定した。

注釈[編集]

  1. ^ 寺尾判決30ヵ年糾弾・狭山再審要求・特別抗告審闘争勝利徳島集会

参考文献[編集]

関連項目[編集]