村田浩治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村田 浩治(むらた こうじ、1960年 - )は、日本弁護士大阪弁護士会所属で、登録番号は21603。

現況[編集]

現在は堺総合法律事務所に所属している。

偽装請負」「派遣切り」を初めとする労働諸問題に積極的に関わっていることで知られており、最近の実績例として、2006年10月に派遣労働者が大阪労働局に告発したところから端を発した「タイガー魔法瓶事件」の原告側代理人を務め、2年後の2008年12月11日に当該労働者の派遣先だったタイガー魔法瓶が解決金300万円を支払うこと等で労働者側との和解を成立させている[1]

略歴[編集]

主な担当事件[編集]

  • 新日鉄堺賃金差別事件
  • JR西日本・大誠電機不当解雇事件
  • 松下プラズマディスプレイ偽装請負事件
  • 中国残留孤児国家賠償訴訟事件
  • 上野芝欠陥マンション賠償請求事件
  • マインドコントロールセミナー研修帰宅後の脳梗塞発症事件
  • 堺市鈴木均教諭過労死事件
  • タイガー魔法瓶事件

テレビ出演[編集]

書籍(一部執筆)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ タイガー魔法瓶事件の原告弁護士・村田浩治さん、NHKテレビ「プロフェッショナル仕事の流儀」で放映』 - 門真市職員労働組合Webサイトより。当該ページより「タイガー魔法瓶事件」の経過(関連新聞記事含む)や、原告側代理人として取り組んだ村田のコメントを掲載した各ページに接続するテキストリンクが掲載されている

外部リンク[編集]