村田勝志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
むらた かつし
村田 勝志
生誕1939年4月1日
日本の旗 日本茨城県土浦市
死没 (2013-04-09) 2013年4月9日(74歳没)
日本の旗 日本 東京都中央区
国籍日本の旗 日本
別名カミソリ村田
職業暴力団組長
団体住吉会住吉一家小林会
子供篠原光

村田 勝志(むらだ かつし、1939年4月1日 - 2013年4月9日[1][2])は、茨城県土浦市(一説には阿見町)出身の暴力団組員。女子総合格闘家の篠原光は娘[3]

プロレスラーの力道山を口論の末に刺傷し、力道山の死の原因となったことで知られている。

略歴[編集]

中学時代から番格を務め、握り拳にカミソリを挟んで相手を殴るスタイルから、「カミソリ村田」の異名で恐れられた。上京して住吉一家入り、大日本興行準構成員となる。

1963年12月8日の午後10時30分に赤坂ニューラテンクォーター内で、当時国民的人気があったプロレスラーの力道山と足を踏んだ踏まないをめぐっての口論の末、喧嘩になった。過去に外国人レスラーに殴られたことがありレスラーの腕力を思い知っていた村田は、護身用に持っていた登山ナイフを力道山の腹に突き立てた。脂肪が付着するほどナイフは深く刺さっていたが、力道山は応急処置を受けて帰宅し、村田の所属する暴力団とも手打ちを行った。しかし、その後症状が悪化して力道山は一週間後に死亡した[1][4]

村田はこの事件で傷害致死のかどで懲役7年の刑に服した。1971年3月に出所後は、村田組組長とし住吉会系の幹部となる一方、在日米軍立川基地周辺で調達した拳銃で武装しながら、覚せい剤密売グループの用心棒を務めた。1972年5月22日までに密売グループとともに村田も逮捕されたが、この時点で覚せい剤中毒となっており、覚せい剤をもらうために配下に代金の取り立てを行わせる状況になっていた[5]

村田は1991年に力道山刺傷事件について大下英治による直接取材に応えている[4][6]。なお、村田は毎年力道山の命日の翌日には菩提寺の池上本門寺への墓参を欠かさなかったという。命日の翌日にしたのは、当日では目立ち遺族にも迷惑をかけてしまうことへの配慮であった[4][6]

2013年4月9日に東京都内で死去。74歳没。晩年は糖尿病を患っていた[1][4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「力道山を刺した男」が死亡 産経新聞(2013年4月13日)
  2. ^ 力道山:刺した74歳元受刑者、病院で死去 毎日新聞(2013年4月13日)
  3. ^ 【あの人は今こうしている】 篠原光さん - ゲンダイネット 2010年6月3日
  4. ^ a b c d 力道山刺傷男「事件から50年目の“病死”に愛弟子が激怒」”. アサ芸プラス (2013年5月9日). 2020年5月16日閲覧。
  5. ^ 「護衛は武装暴力団 覚せい剤密売グループを摘発」『朝日新聞』昭和47年(1972年)5月22日夕刊、3版、9面
  6. ^ a b 大下英治、2004、『力道山の真実』、祥伝社〈祥伝社文庫〉 ISBN 4396331967 ASIN 4396331967 参照