住吉一家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

住吉一家(すみよしいっか)は、東京に本拠を置く日本博徒暴力団で、指定暴力団住吉会の2次団体かつ中核団体。現在では、的屋系団体も傘下に収めている。

歴史[編集]

1846年2月22日(弘化3年1月28日)に伊東与兵衛の長男として生まれた[1]住吉町の爺さんこと伊東松五郎を初代とする[2]。1892年(明治25年)に起きた事件[3]で交際を始めた伊藤痴遊によると、「住吉町の爺さん、即ち伊東松五郎」は「背は低かったが、でっぷりと肥って、色の白い、どことなく、品格のある爺さん」であったとしている[4]。二代目を中里一家の出身で「今大前田」と呼ばれた倉持直吉(本名は荏田村秀)が継承。住吉一家の客分で、洲崎の武部申策をオヤジと呼んだ芝浦の高木康太の代貸であった阿部重作が1948年に三代目を継承した。1962年、上萬一家貸元であった磧上義光が四代目を継承。1967年中里一家四代目・堀 政夫が五代目を継承。 堀は1982年、住吉連合代表住吉一家五代目総長から「住吉連合会」に改編して会長に就任。 1988年には同会総裁に昇格するが、1990年10月に病死した。1991年2月、住吉一家向後二代目・西口茂男が六代目を継承し、住吉連合会を「住吉会」に改称して会長に就任。 1998年6月、西口が住吉会総裁に昇格。2005年4月17日、住吉会会長・福田晴瞭が七代目を継承。

歴代総長[編集]

下部団体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 藤田五郎『任侠百年史』笠倉出版社 1980年(以下、藤田『百年史』と略す).P.25。
  2. ^ 藤田『百年史』P.849
  3. ^ 詳細は『伊藤痴遊全集 第13巻』収録の「明治の侠客」を参照
  4. ^ http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1021639/306?tocOpened=1 P.651~653