村上敦 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

村上 敦(むらかみ あつし、1933年1月3日 -2018年1月16日 )は、日本経済学者。神戸大学名誉教授関西国際大学初代学長・名誉教授[1]瑞宝中綬章受章。

来歴[編集]

神戸市出身。兵庫県立神戸高等学校を経て神戸大学経済学部を1955年に卒業。1957年、同大学院経済学研究科修士課程を修了し、神戸大学経済学部助手となる。1960年に講師、1963年助教授を経て、1971年に教授に就任した。

1972年、論文「低開発国の経済発展と貿易政策」で経済学博士号を取得。1996年、神戸大学を定年退官し、名誉教授となる。同年より、関西女学院短期大学教授[2]関西国際大学の初代学長及び同大学の名誉教授を歴任した[3]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

  • ハリー・ジョンソン『貨幣・貿易・経済成長』ダイヤモンド社、1964年
  • Staffan Burenstam Linder『発展途上国の貿易と貿易政策』藤井茂監訳 片野彦二、池本清共訳 日本評論社 1968年
  • H.R.ヘラー『国際貿易論』木村滋共訳 ダイヤモンド社、1970年

論文[編集]

叙位・叙勲[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
先代
新設
関西国際大学学長
1998年 - 2002年
次代
安平昭二