李耀漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
李耀漢
No image available.svg
プロフィール
出生: 1878年光緒4年)
死去: 1942年民国31年)
中華民国の旗 中華民国(国民政府)広東省新興県
出身地: 清の旗 広東省肇慶府新興県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 李耀漢
簡体字 李耀汉
拼音 Lǐ Yàohàn
和名表記: り ようかん
発音転記: リー ヤオハン
ラテン字 Li Yao-han
テンプレートを表示

李 耀漢(り ようかん)は中華民国の軍人。護法戦争において、孫文(孫中山)らの南方政府に属した。子雲

事跡[編集]

緑林の徒であったが、清末に官軍に投降し、新興県の巡防営管帯などを歴任した。辛亥革命の際には、革命派に呼応している。1914年民国3年)3月、広東肇陽羅鎮守使に就任した。後に、広東軍第1師師長となっている。

1917年(民国6年)8月、北京政府馮国璋から署理広東省省長となった。しかし同年9月、広州非常国会において籌餉督弁に選出され、10月、一時的に署理広東督軍を兼ねた。1918年(民国9月)9月、広州軍政府により各職から罷免されている。1923年(民国12年)、桂系(旧広西派)の沈鴻英の下で第5軍軍長をつとめたが、沈は孫文に叛逆して開平の戦いで敗北してしまう。その後、李耀漢率いる軍は沈の下を外れて流浪の軍勢となり、故郷の新興を中心に割拠した。

1943年(民国31年)、新興で死去。享年66。

参考文献[編集]


 中華民国軍政府
先代:
陳炳焜
広東督軍(署理)
1917年10月 - 1918年9月
次代:
莫栄新