李奎報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
李奎報
各種表記
ハングル 이규보
漢字 李奎報
発音: イ・ギュボ
日本語読み: り けいほう
2000年式
MR式
I Gyubo
I Kyupo
テンプレートを表示
李奎報

李 奎報(り けいほう、イ・ギュボ、大定8年12月16日1169年1月15日) - 淳祐元年9月2日1241年10月8日))は、高麗の文人。は春卿、は白雲。

略歴[編集]

幼時より文筆の才能に優れ、9歳で奇童と呼ばれ、さらに四書五経仏教道教の書物を読みこなし、詩文に長けたという。8000を超える詩作は『東国李相国集』に収められている。また説話文学である「白雲小説」も有名である。崔瑀政権のもとで政治家としても活躍し、1232年にはモンゴルの侵入にあたって、モンゴルのオゴデイに書状を提出して撤兵させたといい、その功績によって枢密副使吏部尚書・集賢殿大学士参治政事を拝命した。

代表的な詩作[編集]

  • 東明王篇 - 高句麗の建国神話を題材とした叙事詩。人々の愛国心と民族の誇りとを促した。
  • 天宝詠史 - 玄宗を題材とした長編詩。その退廃的な生活が国を滅ぼしたことを歌い、以て高麗王朝への批判とした。
  • 家圃六詠 - 「冬に備えて瓜や蕪を塩漬けにする」という表現が見られ、キムチ(の原型)の朝鮮での文献初出例とされる。