李係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

李 係(り けい、? - 762年)は、皇族。第10代皇帝・粛宗の子で第11代皇帝代宗の弟。757年に趙王、後に南陽王に封じられた。当時は安史の乱が起こっており、759年に関東出兵を命じられて天兵馬元帥・越王に封じられた。

762年、父の粛宗が重病になると、張皇后宦官李輔国を殺害しようと計画し、李係もこれに応じて200人の私兵を集めた。しかし李輔国に事前に発覚し、皇后と共に殺害された。

参考文献[編集]

  • 旧唐書』 - 列伝第六十六 粛宗代宗諸子
  • 新唐書』 - 列伝第七 十一宗諸子