粛宗 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
粛宗 李亨
第10代皇帝
Tang Suzong.jpg
王朝
在位期間 756年8月12日 - 762年5月16日
姓・諱 李璵→李嗣昇→李浚→李紹→李亨
諡号 文明武徳大聖大宣孝皇帝
廟号 粛宗
生年 景雲2年9月3日
711年10月19日
没年 宝応元年4月18日
762年5月16日
玄宗
楊貴嬪
皇后 張皇后
章敬皇后
陵墓 建陵
年号 至徳 : 756年 - 758年
乾元 : 758年 - 760年
上元 : 760年 - 761年

粛宗(しゅくそう)は、唐朝の第10代皇帝。当初の(よ)であったが、後に嗣昇(ししょう)、(しゅん)、(しょう)と次々と改名を繰り返し、即位時は(きょう)であった。生母の楊氏は楊貴妃とは別人である。

生涯[編集]

玄宗の三男として生まれる。長兄の李琮が早世し、皇太子である次兄の李瑛737年開元25年)に武恵妃らにより廃位されると、その翌年皇太子に立てられた。天宝3載(744年)には「享」と諱を改めている。

天宝14載(755年)11月に安史の乱が勃発すると、翌年長安に反乱軍が迫ったことを受け、玄宗と共に長安を脱出した。馬嵬(今の陝西省興平市)で兵士らによる反乱が発生、楊貴妃一族の粛清が行なわれると、玄宗はへ避難し、李享らは安禄山らに対抗すべく北伐を行った。討伐軍は奉天(陝西省乾県)を経て、朔方節度使の駐屯所である霊武(寧夏回族自治区霊武市)に到着、7月に側近である宦官李輔国の建言を容れ、自ら皇帝に即位、至徳と改元した。これは玄宗の事前の了承を得た即位ではなかったが、玄宗は後にこの即位を認め、自らは上皇となった。

即位後は郭子儀の軍を中心に、回鶻の援兵を加えて態勢を整えると、粛宗は鳳翔(陝西省鳳翔県)に親征し反撃に転じた。至徳2載(757年)に、面倒を見た異母弟の永王李璘江北地方で勝手に軍勢を動かす行為をしたので、激怒した粛宗は父・玄宗のもとに参内することを命じたが、永王は兄の勅命に従わなかった。粛宗は江西采訪使・皇甫侁高適に命じて、討伐させた。粛宗は皇甫侁に、永王を捕虜とした際に自分のもとに護送することを命じたが、皇甫侁は独断で永王を斬殺した。

同年に安禄山が自らの息子安慶緒に殺されると、郭子儀や粛宗の長子の広平王李俶(後に豫と改名、代宗)と第3子の越王李係らの活躍により、長安や洛陽を奪還、粛宗は10月、玄宗は同12月にそれぞれ長安に帰還した。しかし、安慶緒や史思明らの残存勢力はなおも存在しており、唐軍と安史軍の膠着状態が継続した。

乾元元年(758年)、粛宗は第五琦を塩鉄使としての専売制を導入、財政の健全化と国家体制の強化を計画したが、朝政の実権は皇后張氏や李輔国を初めとする宦官達に掌握されており、自らの政治力を発揮することはできなかった。その後、李輔国は張皇后と主導権を巡る政争を引き起こし、両者に不都合な次子の建寧王・李倓を謀反計画を名目に自殺に追い込むなどの事件も発生し、このころから粛宗は病床に就くことが多くなった。

宝応元年(762年)4月、玄宗が崩御した13日後に、安史の乱を終結することなく、粛宗も52歳で崩御した。粛宗が宦官に擁立された事実は、以後の唐朝皇帝の擁立に宦官が関与する慣例を生んだと言われている。

宗室[編集]

后妃[編集]

  • 張皇后
  • 韋妃、章敬皇后呉氏
  • 宮人孫氏、宮人張氏、宮人王氏
  • 婕妤陳氏、妃韋氏、美人張氏、昭儀裴氏、婕妤段氏

男子[編集]