杉山響子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
杉山 響子
(すぎやま きょうこ)
ペンネーム 糸杉 紗衣
誕生 篠原 響子
1960年????
東京都の旗 東京都
職業 小説家
エッセイスト
脚本家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 玉川大学文学部
代表作 小説『ハロー・グッドバイ』(1996年)
作詞「船はうたう」(1996年)
童話「わらべ不動」(2008年)
脚本「見えない同居人」(2018年)
一般「物の怪と竜神さんが教えてくれた大事なこと』(2020年)
パートナー 杉山弘幸
親族 佐藤愛子
佐藤紅緑
サトウハチロー
大垣肇
公式サイト のろ猫プーデルのひゃっぺん飯 おかわりっ!!
http://ameblo.jp/podel1007/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

杉山 響子(すぎやま きょうこ、1960年[1] - )は、日本の小説家エッセイスト脚本家東京都出身。玉川大学卒。

経歴[編集]

母親は、小説家佐藤愛子。祖父が、大衆小説の人気作家で劇作家佐藤紅緑。そして叔父が、作詞家詩人サトウハチロー脚本家劇作家大垣肇という家系に生まれる。子どものころ、父親である田畑麦彦(本名:篠原省三)の会社が倒産し、その後、父親は母親と離婚。それ以降、母一人子一人という環境で育つ。1989年に、ミュージシャンデザイナー杉山弘幸と結婚。1996年には、「糸杉紗衣」のペンネームで、小説『ハロー・グッドバイ』を、朝日新聞社より出版する。同年、「船はうたう」を作詞。「NHKみんなのうた」で放送される。[2]作曲は、夫の杉山弘幸。2008年には、童話「わらべ不動」(出版社は調査中)を発表。画は、夫の杉山弘幸。同年、突然体調を崩し、それを契機に、ブログ「のろ猫プーデルのひゃっぺん飯 おかわりっ!!」[3]を書き始める。2018年には、長年温めてきた題材をもとに、劇団 山猫幻燈會の旗揚げ公演において、初の舞台作品を書き下ろした。タイトルは、「見えない同居人」。2020年には、「物の怪と龍神さんが教えてくれた大事なこと」を廣済堂出版から上梓している。

著作[編集]

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034044943&Action_id=121&Sza_id=C0 左記は、株式会社 トーハンが運営するウェブサイト。杉山響子の著作物と、生年を含む本人の経歴が記載されている。
  2. ^ a b 「船はうたう」(NHKみんなのうた)”. 日本放送協会. 2022年5月25日閲覧。
  3. ^ a b 「のろ猫プーデルのひゃっぺん飯 おかわりっ!!」”. 杉山 響子. 2022年5月25日閲覧。
  4. ^ 『 ハロー・グッドバイ』(糸杉 紗衣 著)”. 朝日新聞出版. 2022年5月25日閲覧。
  5. ^ 山猫幻燈會 旗揚げ公演 「見えない同居人」(作家 杉山響子) 書き下ろし”. こりっち株式会社. 2022年5月25日閲覧。
  6. ^ 「物の怪と龍神さんが教えてくれた大事なこと」(杉山響子/著)”. 株式会社 トーハン. 2022年5月25日閲覧。
  7. ^ 「九十歳。何がめでたい」(佐藤愛子/著)”. 株式会社 トーハン. 2022年5月25日閲覧。
  8. ^ https://stage.corich.jp/troupe/17010 左記は、CoRich舞台芸術!のウェブページ。こりっち株式会社が運営。ここに、劇団 山猫幻燈會(やまねこげんとうかい)のことが書かれている。「活動紹介」という項目があり、「作家家系に生まれ育っていながら、物を書くことに、さほど興味がなかったと言い放つ、作家 杉山響子」の一文が記述されている。
  9. ^ 「ちょっとコワイWikipedhia」”. 杉山響子. 2022年5月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]