本多忠居

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本多 忠居(ほんだ ただおき、明和8年(1771年) - 文政2年2月14日1819年3月9日))は、播磨山崎藩の第6代藩主。政信系本多家7代。

第5代藩主・本多忠可の長男。母は本多忠辰の娘・熊姫(本多忠堯の養女で異母妹)。正室は松平乗温の娘。継室は堀直教の養女(堀直泰の娘)。子に本多忠敬(次男)、本多忠告(三男)、本多忠鄰(四男)、娘(木下某室)。官位は従五位下、大和守。幼名は権次郎。

天明8年(1788年)、父の隠居により跡を継ぐ(隠居はなかったともいわれる)が、寛政6年(1794年)に父が死去するまでは実権は父が握っていた。寛政6年(1794年)から藩政を執るが、聡明な父と違って暗愚だった。翌寛政7年(1795年)11月12日、父の時代に改革を成功させた功臣である佐藤善五右衛門を、己の面前で藩士に斬り捨てさせた。これは、佐藤が生きている限り藩政を完全に掌握できないことと、先代における佐藤の功績を嫉妬した一派が忠居に讒言し、それを受け入れたためと言われているが、佐藤はこれが原因で3日後に世を去った。その後、大番頭となったが、文化5年(1808年)に将軍・徳川家斉に対して不敬な態度を取ったため、家斉の怒りを買って奉公する必要なしとまで言われた。

このため文化9年(1812年)10月18日、病気を理由に家督を次男の忠敬に譲って隠居した。そして文政2年(1819年)2月14日に49歳で死去した。法号は憲隆院前和州宰吏誉至誠忠道大居士。墓所は東京都江東区三好の雲光院。

忠可の時代に再建された財政は、この忠居の時代に再び破綻している。