池田恒行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田恒行
時代 江戸時代前期
生誕 寛文12年(1672年[注 1]
死没 延宝6年12月27日1679年2月8日
改名 二郎、次郎丸、数馬、恒行
墓所 東京都港区高輪東禅寺
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱
播磨山崎藩
氏族 池田氏(利隆流)池田氏(恒元流)
父母 池田綱政池田政周
兄弟 吉政軌隆政順継政政純恒行、松、振、品子、菊、春子、妻ら
テンプレートを表示

池田 恒行(いけだ つねゆき)は、江戸時代前期の大名播磨国山崎藩3代藩主。夭折のために官位はなし。恒元系池田家3代。

略歴[編集]

備前国岡山藩池田綱政の六男として誕生。幼名は二郎、次郎丸、数馬。

先代藩主の池田政周延宝5年(1677年)に嗣子なくして早世したため、その跡を継いだが、翌年12月27日に江戸にて7歳(実際は4歳)で死去した。嗣子がいるはずもなく、こうして播磨山崎における池田家は断絶した。墓所は東京都港区高輪東禅寺

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「池田氏系譜」では延宝3年(1675年)7月17日生まれ[1]

出典[編集]

  1. ^ 大森映子『お家相続 大名家の苦闘』(角川書店、2004年)p.33