堀直教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
堀直教
時代 江戸時代後期
生誕 宝暦11年7月16日1761年8月6日
死没 文化9年9月17日1812年10月21日
別名 三十郎(通称)、白翁(号)
戒名 照潭院覚岸真際大居士
墓所 新潟県五泉市村松甲の英林寺
官位 従五位下、左京亮丹波
幕府 江戸幕府
越後村松藩
氏族 堀氏
父母 父:堀直堯
兄弟 直泰松平信義浅野長致直行本多成孝直教堀直堅正室
正室:松平頼恭の娘
奥田教明(長男)、娘(田沼意留正室)、娘(六郷政芳正室)
養子:直方

堀 直教(ほり なおのり)は、越後村松藩の第6代藩主。直寄系支流堀家6代。第5代藩主・堀直堯の六男。

安永8年(1779年)、嫡子だった長兄・直泰が死去したため、世子となる。天明5年(1785年)、父の死により家督を継いだ。寛政7年(1795年)隠居し、養子としていた直泰の長男・直方に藩主の座を譲った。その後も直方と次の藩主・直庸の2代にわたって藩政を後見した。文化9年(1812年)に死去した。享年62。