木須肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木須肉
Moo Shu Pork Burritos.jpg
餅皮で包んだ木須肉
フルコース メインディッシュ
発祥地 中国
地域 山東
提供時温度 熱料理
主な材料 豚肉
きくらげ
など
テンプレートを表示
木樨肉
繁体字 木樨肉
簡体字 木樨肉

木須肉(ムスロウ、ムーシューロウ)はきくらげ豚肉炒め。山東料理の代表的な一品である。鶏卵、豚肉のスライス、キクラゲを混ぜた料理で、スクランブルエッグの黄色くてわさわさした様が 木樨に似ていることから名付けられた。清王朝の梁公城は「北東源記録・第3部」に「北の店は鶏肉を使って有名なまろやかな肉を炒め、表面は黄色だ」と記している[1]

木須肉はもともとは曲阜市孔廟のメニューとして世に出たが、豚肉や鶏卵、キクラゲの他に若い筍のスライスなどが使われていた[2]。この料理が北京に伝わってからは、北京ではタケノコが豊富ではなかったこともあり、黄花菜やキュウリのスライスなどが使われるようになった

参照[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北东园笔录三编 - 读书网-dushu.com”. www.dushu.com. 2007年8月17日閲覧。
  2. ^ 存档副本”. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]