木村博昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 博昭(きむら ひろあき、1952年 - )は、日本の建築家大阪府出身。現在、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科教授。

屋根や外壁にスチールシート(鉄板)を用いた建築デザインが特徴。スチールシートの特性や強度を考察し乗り物のような工場制作に対応したモノコック建築で、飛行機や新幹線のような乗り物と同じ構造の建築のあり方を検討している。

鉄材を用いた建築を得意とする”鉄の戦士”のうちの一人。

来歴・人物[編集]

  • 1952年 大阪府に生まれる
  • 1967年 15歳で建築に興味を抱き、5年制の高等専門学校の建築学科に入学。卒業後、約5年間実務を経験。
  • 1979年〜1982年 英国グラスゴー美術大学(Glasgow Art School)及びグラスゴー大学(Glasgow University)美術学部マッキントッシュ・スクール・オブ・アーキテクチュア大学院修士課程(M Litt)コース。グラスゴー大学スコラーシップにて博士課程(Ph.D.)に編入、チャールズ・レニー・マッキントッシュの研究で博士号を取得
  • 1983年 Ks Architectsを大阪で協同開設
  • 1986年 木村博昭/ケイズアーキテクツに改組改称
  • 1996年 阪神淡路大震災をきっかけに、被災した自らが建築家として何かできる事はないか模索し、関西のアトリエ系事務所の主催者らに声を掛け「関西建築家ボランティア」を発足。
  • 1997年 神戸芸術工科大学環境デザイン学科助教授
  • 2000年 神戸芸術工科大学環境デザイン学科教授
  • 2006年 木村博昭+ケイズアーキテクツとして法人化
  • 2006年 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科教授
  • 2015年 英国スコットランド建築家協会名誉会員(日本人建築家での受賞者としては丹下健三槇文彦安藤忠雄に次ぐ4人目。)

鉄板は白色に塗装されていることが多い。これはコールテン鋼のような錆の美や、彫刻のような素材感が持つ鉄を鉄としての強いインパクトの表現を避けているためで、自らの建築を数寄屋ではなく、白いモダニズムの建築の延長として位置付けている。

現代の加工技術からすれば、スチールシートは自由偏在であるが、コスト・標準化の観点から、三次曲線や高度な技術が必要な特殊加工は避け、町場の鉄工所でも加工ができる範囲内で制作を行っている。    

主な受賞歴[編集]

  • 1990年 第9回SDレビュー入選
  • 1991年 大阪建築コンクール渡辺節賞
  • 1992年 大阪建築コンクール知事賞
  • 1997年 大阪建築コンクール知事賞
  • 2000年 大阪建築コンクール知事賞
  • 2004年 神戸市第19回神戸景観・ポイント賞
  • 2005年 第8回関西建築家大賞
  • 2007年 神戸市第22回神戸景観・ポイント賞
  • 2008年 アジア建築家協会・アルカシア賞/佳作
  • 2008年 広島市公園トイレ設計提案競技/入賞

代表作品[編集]

竣工年 名称 所在地
1982年 グラスゴー美術学校ジャニターハウス グラスゴー
1990年 U.S.FLAT 大阪
1991年 コモンシティ星田住民施設 大阪
1995年 3 in 1 House 兵庫
2004年 鉄の民家 大阪
2004年 鉄の茶室 大阪
2004年 神戸質屋会館 兵庫
2005年 神戸芸術工科大学吉武ホール 兵庫
2005年 鉄の教会/神戸新生バプテスト教会 兵庫
2006年 神戸芸術工科大学先端芸術棟+工房 兵庫
2006年 ドコモショップ 彦根店 滋賀
2009年 Steel Truss 奈良
2010年 京都工芸繊維大学創立60周年記念館 京都
2012年 ドコモショップ 長浜店 滋賀
2012年 アート&クラフツの町家 兵庫
2015年 ドコモショップ 能登川店 滋賀
2015年 滋賀大学経済学部弓道場 滋賀

主な出版物[編集]

出版年 タイトル 出版社/雑誌名 備考
1984年 PROCESS No.50 CHARLES RENNIE MACKINTOSH プロセスアーキテクチュア
1985年 CHARLES RENNIE MACKINTOSH展 国際芸術文化振興会
1993年 ヨーロッパ・アール・ヌーヴォー展 国際芸術文化振興会
1997年 飛騨高山美術館ガイドブック 飛騨高山美術館
1997年 新しい住宅を求めて―近代の住宅をつくった建築家たち KBI出版
1998年 チャールズ・レニー・マッキントッシュ展 飛騨高山美術館
2000年 建築をつくること 3人の建築家の対話 アムズ・アーツ・プレス
2001年 国際デザイン史―日本の意匠と東西交流 思文閣出版
2002年 マッキントッシュの世界―建築、インテリア、家具 平凡社
2002年 STEEL SHEET HOUSE アムズ・アーツ・プレス
2007年 ヴィヴィッド・テクノロジー 建築を触発する構造デザイン 学芸出版社
2008年 アーツ・アンド・クラフツ アーツ・アンド・クラフツ出版委員会
2009年 作家たちのモダニズム 学芸出版社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]