木曾中太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
木曾中太
保元軍記白川殿合戦.jpg
保元軍記白川殿合戦 木曾中太 従軍 東京都立図書館 歌川芳虎
時代 平安時代末期
別名 木曾弥中太
氏族 中原氏
父母 中原兼経[1]
兄弟 中原兼遠中原兼保?[2]
テンプレートを表示

木曾 中太(きそ ちゅうた、生没年不詳)は平安時代末期の武家。正六位下右馬少允を務めた中原兼経の子。中原氏の長男を号した。

兄弟に木曾中三(中原兼遠)中原兼保(海野幸親?)がいる。

出自[編集]

朝廷で代々大外記を務めた中原氏の祖である中原有象の弟・以忠から繋げる系図がある。父の兼経は朝廷で正六位下右馬少允に叙任された後、信濃国佐久郡に移住し牧長を務めたとされる[3]

経歴[編集]

信濃国木曾地方に本拠を置く豪族。平安時代末期に保元の乱源義朝源為朝に従軍している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 武居用拙『岐蘇古今沿革志』(明治23年(1890年))
  2. ^ 武居用拙『岐蘇古今沿革志』(明治23年(1890年))
  3. ^ 武居用拙『吉蘇古今沿革志』(明治23年(1890年)P19)