木曜会 (サトウハチロー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

木曜会(もくようかい)は、詩人サトウハチローが主宰した童謡の勉強会。

概要[編集]

第二次世界大戦後の1946年昭和21年)4月、詩人サトウハチロー藤田圭雄[注釈 1]野上彰菊田一夫らに呼びかけ、「山小屋」と呼ばれるサトウハチロー宅の書庫に集い、当初は日本文化について論じあっていた会合が、やがて「ウタの教室」というの勉強会を主催するようになっていった[1]。会の名称は、当初、会合のひらかれたのが木曜日であったことに由来する[1]。現在に至るまで、詩や童謡における新人養成に大きな役割を果たしてきた[2]

木曜会では、作品発表の場として『木曜手帖』が設けられ、しばらくはガリ版刷りで刊行されていたが、1957年(昭和32年)5月、多数の童謡愛好家に呼びかけて、活版印刷による月刊同人誌『木曜手帖』が創刊された[1]。当初は童謡専門誌をうたって、吉岡治片岡政子らが活躍したが、1959年(昭和34年)の2周年記念号発刊以降、木曜会木曜賞を授与するようになり、しだいに童謡誌から脱皮していった[注釈 2]

会は、サトウハチロー死後もつづき、今日にいたっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ サトウハチローとともに木曜会をおこした藤田圭雄は、児童文学の世界にはいり、童謡集『ぼくは海賊』(1965年)、少年小説『山が燃える日』(1969年)などを著した。上(2004)
  2. ^ 雑誌『木曜手帖』は平成18年6月、発行600号をもって終刊となったが、新しく「インターネット木曜手帖」として、ブログで継続している。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 上笙一郎 「藤田圭雄」『日本大百科全書』 小学館、小学館〈スーパーニッポニカProfessional Win版〉、2004年2月。ISBN 4099067459
  • 藤田圭雄 「サトウ・ハチロー」『日本大百科全書』 小学館、小学館〈スーパーニッポニカProfessional Win版〉、2004年2月。ISBN 4099067459

外部リンク[編集]