木下卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 卓(きのした たかし、1947年 - )は、英文学者愛媛大学名誉教授。

1972年獨協大学外国語学部英語学科卒、1980年立教大学大学院文学研究科博士課程満期退学、愛媛大学教養部講師、84年助教授、94年教授、96年法文学部教授。2012年定年退任、名誉教授。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『たのしく読める英米詩 作品ガイド120』太田雅孝野田研一共編著 ミネルヴァ書房 シリーズ・文学ガイド 1996
  • 『多文化主義で読む英米文学 あたらしいイズムによる文学の理解』笹田直人外岡尚美共編著 ミネルヴァ書房 Minerva英米文学ライブラリー 1999
  • 『シリーズもっと知りたい名作の世界 ガリヴァー旅行記清水明共編著 ミネルヴァ書房 2006
  • 『英語文学事典』窪田憲子高田賢一、野田研一、久守和子共編著 ミネルヴァ書房 2007
  • 『イギリス文化55のキーワード』窪田憲子、久守和子共編著 ミネルヴァ書房 2009

翻訳[編集]

  • マーニー・ホール『薄紫色(ラヴェンダー)のカウチ:レズビアンとゲイのための心理療法利用案内』太陽社 ゲイ&レズビアン・シリーズ 1992
  • テリー・テンペスト・ウィリアムス『デザート・クァルテット 風景のエロティシズム』結城正美共訳 松柏社 1996

参考[編集]