朝倉智也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あさくら ともや
朝倉 智也
生誕 (1966-03-16) 1966年3月16日(55歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校慶應義塾大学文学部
職業実業家

朝倉 智也(あさくら ともや、1966年3月16日 - )は、日本の実業家東京都出身。モーニングスター株式会社代表取締役社長、SBIホールディングス株式会社取締役執行役員常務、SBIサーチナ株式会社代表取締役社長、上海新証財経信息咨詢有限公司 (英文社名:CSJ-SBI Financial Media Co., Ltd.) 董事[1]

経歴[編集]

1989年慶應義塾大学文学部卒。大手銀行、証券会社を経た後、1995年米国イリノイ大学経営学修士号取得(MBA)。卒業後、ソフトバンク株式会社に転進、ここで北尾吉孝(現SBIホールディングス株式会社代表取締役執行役員CEO)と出会い、師事する[2]。ソフトバンクにおいては、財務部で資金調達・資金運用全般、子会社の設立および上場準備を担当、1998年、モーニングスター株式会社設立に参画し、2004年モーニングスター株式会社代表取締役COO。2010年サーチナがSBIホールディングス株式会社の子会社となり、2011年より現職[3]

その過程でモーニングスター社において、2008年に証券専門誌NO.1「株式新聞」を発行する株式新聞社を吸収合併[4]、2011年にはウェブコンサルを手がける子会社ゴメス・コンサルティング社を吸収合併[5]し、モーニングスターの業績発表を見る限り、両社とも事業を大幅に再生して成長を遂げている[6]

その他の活動としては、2007年に、投資信託および投資法人の将来ビジョンを検討する投資信託協会の投資信託懇談会のメンバーとなる[7]。2009年には、株式会社大阪証券取引所と株式会社ジャスダック証券取引所の「市場統合のあり方に関する委員会」のメンバーとなり[8]、2011年12月16日に金融審議会「我が国金融業の中長期的な在り方に関するワーキング・グループ」での提言、「投資信託に関する現状の課題と対応」が業界に大きな刺激を与える[9]

facebookページのファン数は7,000人を超えており[10]、特に投信分野に関しては新聞や雑誌でのインタビューなど多数[11]。「投信業界のご意見番」として知られている[12]

主な著書[編集]

  • 「投資信託選びでいちばん知りたいこと」(武田ランダムハウス講談社 2006/3/16)
  • 「投資信託選びでもっと知りたいこと」(武田ランダムハウス講談社 2007/12/20)
  • 「30代からはじめる投資信託選びでもっと知りたいこと」(ダイヤモンド社 2011/05/20)
  • 「低迷相場でも負けない資産運用の新セオリー」(朝日新聞出版 2012/12/07)
  • 「新版 投資信託選びでいちばん知りたいこと」(ダイヤモンド社 2013/9/28)
  • 「一生モノのファイナンス入門」(ダイヤモンド社 2016/3/25)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
端木正和
SBIサーチナ社長
2011年 - 2014年
次代:
モーニングスターに合併)