月夜の宝石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
月夜の宝石
Les Bijoutiers du clair de lune
監督 ロジェ・ヴァディム
脚本 ロジェ・ヴァディム
ジャック・レミー
原作 アルベール・ヴィダリー
製作 ラウール・J・レヴィ
出演者 ブリジット・バルドー
アリダ・ヴァリ
スティーヴン・ボイド
音楽 ジョルジュ・オーリック
撮影 アルマン・ティラール
編集 ヴィクトリア・メルカントン
配給 コロンビア・ピクチャーズ
公開 フランスの旗 1958年4月16日
イタリアの旗 1958年12月4日
アメリカ合衆国の旗 1958年10月21日
日本の旗 1958年6月
上映時間 91分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 フランス語
スペイン語
テンプレートを表示

月夜の宝石』(つきよのほうせき、原題: Les Bijoutiers du clair de lune)は、アルベール・ヴィダリーの小説『月光の宝石商人』を原作とし、1958年に公開されたフランスイタリアアメリカ合作の恋愛映画。英語タイトルは『The Night Heaven Fell』。

素直な悪女』(1956年)に引き続き、ロジェ・ヴァディム監督とプロデューサーのラウール・レヴィが再びブリジット・バルドーを主演に起用した作品である。

ストーリー[編集]

伯爵家に嫁いだ叔母フロレンティーンを訪ねてスペインの田舎町にやって来たウルシュラは、貧しい青年ランベルトに一目惚れする。しかし、ランベルトはフロレンティーンの愛人だった。

ある晩、フロレンティーンに逢いに来たランベルトは、フロレンティーンの夫リベラ伯爵に見つかり、殺されそうになる。もみ合ううちに誤ってリベラを刺し殺してしまったランベルトを、ウルシュラは叔母の愛人と知ったうえで助け出し、2人は逃避行に出る。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]